知っておくと得な産後の骨盤矯正

骨盤がゆがんでいる、広がっているということによるデメリットはかなりいろいろあります。たとえば、O脚の方の多くは骨盤が開いている傾向があります。見た目的にも良くありませんが、将来的に膝に負担をかけてしまうことになる可能性もあります。また、ポッコリお腹の方も、実は骨盤が影響していることもあります。骨盤が開いてしまっている事で、内臓の位置が正常な位置におさまらず、ぽっこりと出てしまうのです。また、それによって正常な働きができず、便秘がちになったり、むくみ、冷えなども影響して、太りやすい体質になるということもあります。産後は骨盤が開きやすいのですが、逆に治すチャンスでもあります。やわらかくなっている時ですので、骨盤矯正もこの時期にしてしまいましょう。

骨盤が開いていることのデメリット

骨盤がゆがんでいると、さまざまなデメリットがあります。たとえば、見た目的なところでいいますと、O脚になりやすいということも挙げられます。まっすぐになっている脚と、湾曲している脚では、見た目的にも全然違います。また、それだけではなく、身体の内側でも、内臓の働きが悪くなってしまうということで影響もあります。内臓が正常な位置に収まらないことで代謝が悪くなったり、便秘がちになったりということもあるのです。意外と知らなかったという方も多いのですが、骨盤矯正をしていくことで、それらの症状を解決していくこともできますので、整体などで相談してみると良いでしょう。ある程度の期間通うことも必要となってきますが、後は脚を組んだり、体重を片方にかけたりする癖も気を付けましょう。

産後に行いたい骨盤矯正のすすめ

出産をすることで、さまざまな体の変化があります。たとえば骨盤が開くということも一つあります。産後には、子宮を収縮させるため、また開いた骨盤を戻すために、骨盤ベルトをするというのが通常です。しかし、それだけでは解決できないこともあります。緩んでしまったり、広がってしまった骨盤は、整体などで行う矯正でもっときちんとなおしていくことができます。また、出産の後の方が柔らかくなっているため、通常の時の矯正よりも、元に戻りやすいということもあるようです。ですから、お産をして、骨盤の開きが気になっている方、元々O脚気味だったという方は、ぜひ整体やカイロプラクティックを行っているところで、骨盤を矯正してもらうことをおすすめします。ある程度の期間通うことが必要です。