産後の骨盤矯正のメリットとデメリット

赤ちゃんが生まれた後に骨盤を矯正することは、妊娠中に増えた体重を戻すためのダイエットの基本にもなります。それではなぜ、骨盤を矯正することがダイエットにつながるのでしょうか。出産したことにより骨盤はゆがんでしまいますが、自然にきれいな状態に戻る人はほとんどいません。しかし骨盤を矯正することで妊娠前よりもきれいな骨盤になり、妊娠前よりも体重を落とすことができます。骨盤は上半身と下半身の間にあり、体を支えています。つまり骨盤がゆがむことで上半身や下半身もゆがむことになります。下半身がゆがむと下半身太りや股関節痛が引き起こされたり、上半身がゆがむと便秘や猫背になることもあります。また骨盤とつながっている卵巣や子宮にもゆがみを引き起こすことになります。

産後に骨盤矯正をするメリットとは

赤ちゃんを出産した後に骨盤を矯正するメリットとしては、骨盤を正しい位置に戻すことで、骨盤の中にある子宮や卵巣までもが正しい位置に戻ることがあげられます。これにより、それぞれが正常に動き出します。骨盤がゆがむことで様々な症状が引き起こされますが、骨盤を矯正することでこれらの症状は解消されます。個人によって異なりますが、骨盤を矯正するメリットとして、肩こりや腰痛などの痛みの緩和、冷え性の改善、生理痛の改善などがあげられ、O脚やX脚がなおり、足が細くなったり、くびれができたり、バストアップなど、今まで悩んでいた症状が改善される可能性もあります。産後だけにこだわらず、ダイエットを始める時にも骨盤を矯正しておくと、非常に効果的です。特にダイエットでなかなか効果が出ないと悩んでいる場合には、骨盤を矯正する運動を取り入れてみると良いでしょう。

産後に骨盤矯正をするデメリットとは

様々な症状が改善され、ダイエットにも効果があるなど、多くのメリットがあることがわかりましたが、反対にデメリットはあるのでしょうか。一つ目に続けなければならないということが挙げられます。赤ちゃんが生まれると、今まで行っていた家事や育児に加え、赤ちゃんの世話をすることになります。定期的に授乳やオムツ交換が必要になり、夜中も眠れないということが多くなります。その状態で骨盤矯正を毎日行うことにストレスがたまってしまう人も多いでしょう。時間があれば少しでも眠っていたいと考える人も多く見られます。やると決めたら続けていく意志が必要になります。そのほかにも姿勢の悪さや体の癖によって元に戻りやすいということや、正しく行わなければ体を痛めたり、ゆがみを強めてしまうというデメリットもあるので、普段の姿勢ややり方に注意して行うようにしましょう。