こんな特徴がある産後の骨盤矯正

妊娠によって、骨盤周りの筋肉が弱くなるので、出産後には骨盤の位置が安定しにくくなり、骨盤がゆがんでしまいます。そして、妊娠後期になると、前に突き出た大きなおなかを支えるために、腰を反らした状態の姿勢をし続けるため、骨盤が前傾した状態の反り腰になり、骨盤にゆがみを生じさせやすくなります。そして、出産時には、赤ちゃんの通り道を作るために骨盤が大きく開いた状態になります。この骨盤が大きく開いた状態が永遠に続くわけではないのですが、なるべく早く元の状態に戻してあげることで、内臓の位置が安定して、ポッコリお腹にならないようにすることが可能になります。内臓が体内の下のほうで定着してしまうと、開いた骨盤を締めるのにも苦労するようになってしまいます。

産後どの程度で骨盤はもとにもどるのか

出産によって開き、ゆがんでしまった骨盤は自然に元に戻ろうとします。2か月程度でもとに戻るといわれていますが、それまで骨盤を使わずに生活をすることは、一般的な人には難しいように感じます。出産後しばらくの間は安静にすることができますが、いつまでも回復を待っていられるものではなく、赤ちゃんのお世話もすぐに必要になるため、ずっと寝ていられるわけではありません。骨盤が安定しない状態でも、日常生活をスタートさせなくてはいけないため、なるべく早い段階から骨盤矯正をおこなうと良いでしょう。もちろん、骨盤に大きな負担がかかるほどの施術や運動はしてはいけません。しかし、骨盤の位置を保つために骨盤ベルトを使用して、不安定な骨盤をサポートしたり、正しい姿勢を保ち骨盤への負担を軽減するために、リフォームインナーを着用するなど、ちょっとした工夫をすると安心です。

少しずつでも骨盤矯正をすることのメリット

出産した後に、少しずつでも骨盤矯正をすることで内臓が早い段階で定位置に戻リやすくなります。それによって、神経の伝達も正常に戻るのが早くなります。食欲の抑制などに効果があるため、ダイエット効果が期待できます。そして、骨盤のゆがみが改善されることで新陳代謝が活発になるため、体内循環が良くなり、肌がきれいになったり、むくみの解消など、美容に関しての悩みを無くすことができるようになります。体内循環が良くなる=血液循環やリンパの流れも良くなりなるので、肩こりや便秘にも効果を発揮することが考えられます。これらのように、女性の美容に関わることで良いことがいっぱいあります。出産した後の骨盤の回復に関しては、自然に回復するのを待つのではなく、自分から積極的に回復を促すことで、女性にとってのメリットがたくさんあるのではないでしょうか。