家でやる産後の骨盤矯正での注意点

出産後は骨盤にもゆるみ、歪みなどが生じてしますが、そのまま放置していると、血行やリンパの流れが悪くなったり、冷えやむくみ、O脚や下半身太りの原因ともなってしまいます。そして体の歪みは全身の歪みにもつながりますし、生理不順、腰痛など様々な不快な症状を引き起こしてしまうこともあります。それゆえ、骨盤矯正は行っておきたいですが、育児もありますので、専用のサロンや整体院に通うのは難しいものがあります。矯正はプロに行ってもらうと効果的に行うことができますが、自宅でも行える様々な方法がありますので、まずは自宅で改善を目指してみるのもおすすめです。自宅で行える方法としては、矯正下着やベルトを着用する、骨盤体操、ストレッチ、ヨガ、ピラティスなどの運動などがあげられます。

体調に合わせて無理のない範囲で行おう

骨盤矯正はできるだけ早くから始めたいと考える人もあるかもしれませんが、出産直後ではまだ体は十分に回復している状態ではありませんので、いきなり始めるのではなく、まずは安静をしっかり取り体を回復させていくことが大切です。矯正を始める時期については、普通分娩の場合と帝王切開を行った場合では違いがあり、帝王切開の場合はより長く安静を保つ必要があります。矯正を開始する時期はいつ頃が良いかは個人差もありますので、担当の医師に相談し、最適な時期に始めていきましょう。出産を経た体は思いのほか冷えも起こりやすくなっていますので、矯正を始める前はきつい下着などは避け、体を冷やさないよう温かくし体調を整えておくことがおすすめです。矯正に効果的なベルトやガードルも早く使いすぎるとかえって血行を悪くしてしまうこともあります。

ベルトやガードルはサイズに合ったものを選ぼう

出産直後はまだ本格的な骨盤矯正は行うことはできませんが、姿勢が乱れていることも骨盤の歪みを悪化させてしまうこともありますので、座り方、歩き方、立ち方などは悪い姿勢にならないよう意識して正しい姿勢を取るようにしましょう。矯正が行える状態になったら、骨盤ベルトやガードルも活用していきたいですが、サイズが合わないものを選んだり、まちがった装着をしてしまうと良い効果が得ることができなくなってしまいます。そして早く結果を出したいからと一日中着用するのではなく、装着時間も守りましょう。運動は腰を回すなど簡単なものでも矯正効果がありますが、この場合もあまり無理をせず、体調に合わせて行っていきたいところです。激しい運動は産後の体に向いていませんので、まずは軽い運動から行いましょう。

即効小顔矯正は1回で小顔の効果を実感できます。小顔になりたい!そんな方はお気軽にご相談下さい。 池袋店には託児所がありますので、お子さま連れで施術が受けられます! 妊娠出産を経てもますます美しくなりたいと願う、そんな女性たちをターゲット層として、高度な医療技術でサポートします。 当社では、美容や痛みなどの症状緩和、妊娠などを目的に骨盤矯正やO脚の矯正、マッサージやはり治療を行っています。 産後の骨盤矯正を受けたい方はこちらのサロンがオススメ